HIDEKOのマチュアライフ

Hidekoとスッポンコラーゲンコスメ・スペリオルワンとの出会い

いつまでも
イキイキと輝いていたい。
エイジングや季節、
ストレス等による肌ダメージを
仕方がないことだと諦めたくない。
そんな私が、
素晴らしい一生の相棒コスメ
にたどり着いたストーリーを
お話します。

スッポン鍋で体調だけでなく、
お肌の調子が良くなることを実感。

その時、

「スッポンのコラーゲンを
化粧品にしたら?」

とひらめきました。

私、中山秀子は、20年以上
看護師の仕事に励んできました。

その経験を活かして社会にも貢献したい
という思いから、42歳にして屋外での
災害派遣医療訓練にも
参加するようにもなりました。

しかし年齢とともに、
スタミナ不足による疲労感、
紫外線による肌あれに悩むようになった
私は、体力増強に良い食べ物を探しては
幾度となく試していました。

そんなある日、
行きつけにしていた新魚栄さんで
販売されていた
スッポン鍋セットを購入。

自宅で食べてみると、
身体が芯からポカポカと温まり、
翌朝には疲れがすっかり軽減。

くすんでいた頬はバラ色になり、
肌がツヤツヤになることを
実感しました。

それからというもの疲れが溜まるたびに
「スッポン鍋を食べては復活」
ということを繰り返していたある日、

「スッポンのコラーゲンを
化粧品にしたらよいかも!」

とひらめいたのです。

スッポン鍋で
肌のハリ、ツヤの違いを実感!
その時、

「スッポンのコラーゲンを
化粧品にしたら?」

とひらめいたのです。

皮ふの健康=全身の健康。
看護師としての知見があったからこそ、
ひらめきは確信へ。

私は長年、総合病院の手術室や病棟
をはじめ様々な医療現場の
看護師として、やけどやケガ、病気
などで皮ふを損傷された方のケア
をしてきました。

その経験から、皮ふの健康が全身の
健康と密接に関係すること、
皮ふを健康に保つには

「保湿」

が最も大切だということを
学んできました。

さらにコラーゲンが優れた保湿成分
であることも知っていました。

そうした看護師としての知見があった
からこそ、ひらめきは確信へと
変わっていったのです。

スッポンコラーゲンから
化粧品を作ってほしい!

中山の願いが、社長と黒門市場の
人たちを動かし、
化粧品プロジェクトが
動き始めました。

早速、新魚栄さんに出かけて
網干社長に提案したところ、

「うちは魚屋ですよ。
化粧品だなんて、何をアホな…」

と、最初は一笑に付されました。

それもそのはず、
今でこそ異業種の参入が盛ん
となっている化粧品業界ですが、
2010年当時は
鮮魚店が化粧品をつくるのは前代未聞。

「スッポンコラーゲンの化粧品」

は、世界のどこにも
存在しなかったのですから。

それでも私は、スッポン並みに
粘り強く提案を続けました。

そしてついに社長の心も動き、
スッポンから化粧品を作る
プロジェクトがスタートしました。

「同じ作るのなら、
すべてにおいて最高品質を目指したい」

と考えた新魚栄の網干社長は、
原料となるスッポンの生産は
静岡県焼津水産高校へ、

開発は社長の母校であり、
「近大完全養殖まぐろ」
の商品化でも恊働した
近畿大学に依頼されたのです。

詳しくはクロモンコスメティック
公式HP開発秘話へ

いつまでも健やかで、
活き活きと輝いていたい。

女性なら共通する願いを叶えてくれる
スッポンコラーゲンコスメ
スペリオルワン。

大人の素肌がググッと
底上げされるような実感!

モチモチ、スベスベ、プルプル感が
長時間続き、
お肌をしっとりと保ってくれます。

後に、私は
第五回国民的美魔女コンテスト
ファイナリスト
となり、
48歳にしてモデルデビューできました。

これもひとえにスペリオルワンが
導いてくれた結果だと思うのです。